安く抑えたいなら

前項の相場をみて、やはり本格的なロゴ作成は高いと思う人もいるかもしれません。結局はシンプルかつ小さなマークなわけですから、そこにつぎ込む費用となれば、できるだけ節約したいと考えるケースも多いでしょう。そんなときは、ロゴ作成会社と合わせて、よりリーズナブルな選択肢にも目を向けると良いでしょう。

たとえば、フリーのデザイナーに依頼するという方法です。もちろん、著名な有名フリーデザイナーともなれば前述の比でないほどに高くなってしまいますが、逆にまだ駆け出しである、勉強中である、美大や専門を卒業して間もないといった若手デザイナーであれば、安く見積もってくれます。近年話題の、クラウドソーシングを活用してみてください。そういった人にも、比較的簡単に知り合うことができます。

また、専用ソフトを使って自作するというのもひとつの手でしょう。パソコンやアプリがハイレベルになりつつある昨今においては、低価格で、もしくは無料でもそれなりのものが作成可能です。クオリティにこだわらないのなら、そのような選択肢も大いにありです。

とはいえ、やはりおすすめは専門の会社に依頼する方法に他なりません。事前にしっかり相談することで、予算内に収めつつ、なおかつ一定のクオリティで作成してもらうことも大いに可能です。ぜひ、こだわることをおすすめします。

Pocket

実際にかかる金額

実際、金額としてはいくらぐらいの設定になっているのでしょうか。一部のロゴ作成会社をピックアップして、ご紹介していきます。

お金たとえばある会社では、50,000円~といった額を設定しています。これは業界内でも、中間的な部類に入るといえるでしょう。検討しやすいながら、安すぎるわけでもないので、ちょうど良い印象でしょう。わりと良心的な価格ながら、ある程度のクオリティや親身な対応にも期待できるといったところです。

逆にリーズナブルな印象の会社であれば、15,000円~や19,800円~としているところもあります。決して安い金額ともいえませんが、それでも検討しやすいのではないでしょうか。こうした設定については、ロゴ以外のデザイン制作も承っている、キャンペーン期間であるといったケースに多くみられます。

とことんこだわるなら、高級なサービスを利用するというのもひとつの手でしょう。一流クラスのデザイン会社において、さらに修正対応も柔軟なプランを選択するとなれば、150,000円~という価格もみられます。他の価格帯と比べると、やはり高額に感じられてなりません。ですが、ロゴは商品や会社の行く末を左右する存在といっても過言ではありません。検討しても、決して無駄にはならないことでしょう。

Pocket

ロゴの費用について

ロゴは、決して安いものでもありません。シンプルなもの、さらには文字だけのものといったケースもありますが、だからといって費用まで単純な設定になっているわけでもないのです。ではいったい、どういった基準で考えておくべきなのでしょうか。

ノートまず、作成費用は固定されているわけでもありません。そのため、会社それぞれで設定が異なります。予算を考えながら、各社を比較する作業が重要となってくるでしょう。やはり金額はクオリティやサービス面、また実績にかかわってくるので、それらを考えながら絞っていくと良いでしょう。

ロゴを作成する以上、やはり出来が良いに越したことはないでしょう。ですが、かといって予算的に無理をしてまで作るとなると、また不具合が生じてしまいます。ロゴ作成によって業務を圧迫するともなれば、総合的な満足度は下がってしまうでしょう。バランスを考えながら、検討しましょう。

またロゴ作成会社の費用は、デザイン作成だけのためのものでもありません。一連の流れすべて込みの上で、設定されています。内容もやはり会社によりますが、主には、ヒアリング・見積もり・デザイン・修正・納品といった流れとなっています。これらが丁寧であればあるほど、仕上がりも満足に近づくといったところでしょう。ですがそうなると、やはり費用も高くなってきてしまいます。この点もまた、バランスに注目してください。

Pocket

ロゴ作成会社利用準備

色鉛筆ロゴ作成を専門におこなうロゴ作成会社では、制作の流れがしっかり準備されています。そのため、依頼する側としては、注文さえすればあとは任せきりで問題ないといった具合なのです。需要の高いロゴという存在だけに、作成をおこなう会社は少なくありません。それだけに、充実のサービス面で差別化を考える会社が多くみられるのです。

とはいえ、何一つ準備が必要ないのかといえば、そうでもありません。満足のいく理想の仕上がりに期待するなら、やはり一定の準備も欠かせません。まずひとつに、デザインの大まかなイメージが挙げられるでしょう。ロゴはただのマークではなく、商品や会社を表す重要なシンボルです。それだけに、自社の商品などの魅力を考えて、どういった部分を押し出したいかある程度決めておくべきです。また、明るい色味かクールな雰囲気かといった点も、とても重要でしょう。

ひとつ、忘れてはならない存在があります。それは費用面です。シンプルなマークとはいえ、0から生み出すわけですから、そこにはそれなりの対価が伴います。そのため、十分な予算を用意しておくという心がけも欠かせません。

その点、ある程度相場を理解しておけると、見積もりを出してもらったときに慌てず済みます。今回、そんなロゴ作成会社利用時の費用感について特集しているので、ぜひ役立ててみてください。やはりクオリティは、ある程度費用と比例します。どこまで追求するのか、どの程度予算を出せるのかしっかり考えた上で、検討してみてください。

Pocket